脚やお腹だけがぽっこり、痩せているのにどうして?解消法

痩せているのに脚やぽっこりお腹になってしまうのはなぜでしょうか?
理想の体型を手に入れるためにはなんとしても解消したい「お腹だけぽっこり体形」。多くの原因は胃下垂が関係しているようです。
お腹だけぽっこりしてしまう原因と胃下垂の関係。解消する方法をご紹介します。

お腹だけぽっこりしてしまうのは胃下垂が原因?

痩せているのにお腹だけがぽっこりしている人は胃下垂が原因となっている場合が多いようです。
胃下垂になる人の特徴は、生まれつき内臓が下がっている人もいますが、出産後に筋肉が弱くなり胃が下がってしまったり、全体的な筋肉の衰えで胃の重さを支えられない状態になったりしてることもあります。
暴飲暴食を繰り返している人は、胃がつねに重たい状態で下に伸びてしまいます。
ダイエットで痩せることはできたけれど、内臓脂肪を減らしすぎてしまい臓器を支える脂肪が不足して胃が下がってしまうなど、胃下垂になってしまう原因はさまざまです。

胃下垂だと太らないといわれていますが、痩せていることで筋肉や必要な脂肪が少ないために胃を支えられなくなるようです。
胃が下がってくることで骨盤がひらき、お腹まわりだけがぽっこりと出てしまいます。

胃下垂の解消方法

胃下垂の状態が長く続くと胃もたれや胃潰瘍、血行不良、便秘などを引きおこしやすくなってしまいます。胃下垂の人は栄養を吸収する力が弱いので全体的にやせ形ですが、太らないのではなく十分な栄養が吸収できていないと考えた方が良いでしょう。
そしてお腹だけぽっこりの原因でもありますので、健康な身体を手に入れてお腹もスッキリ美しい体形をつくりましょう。

胃下垂を解消するトレーニング

胃下垂を解消するには胃を支える腹筋を鍛えると良いといわれます。表面の筋肉ではなく内側のインナーマッスルを鍛え、胃を支える下腹部の筋肉に有効なトレーニングを取り入れましょう。

胃の収縮を強めましょう

辛い食べ物や薬味、スパイスなどは胃の収縮力を高める働きがあります。下に伸びてしまった胃が適度に収縮することで自然と正しい位置に上がって来てくれます。
過剰にとり過ぎず、適度に食事に取り入れるようにしましょう。

しっかりと栄養をとる

胃下垂できちんと栄養がとれずに消化不良や暴飲暴食を防ぐためにも、お腹いっぱいまで食べるのではなく、食事の量を制限しましょう。食べても太らないといって食べ過ぎてしまうと胃が重くなり胃下垂は解消できなくなってしまいます。
よく噛んで消化吸収効率を上げるようにしましょう。
またスムージーも消化が良く栄養も高いのでおすすめです。(参考:下腹ぽっこり!痩せるためのスムージー活用術

食後のデザートは胃の動きを止めてしまいます。胃の中に消化しない食べ物が残り胃が下がってしまいますので、食後に甘いものを食べるのは我慢した方が良いですね。
胃下垂は、お腹だけぽっこりの原因でもありますがさまざまな病気の原因にも繋がります。早めに解消して、ぽっこりお腹をなくして、健康に痩せている素敵な身体を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>